高耐震・高気密・高断熱 | 悠悠ホーム | 福岡・熊本・佐賀その他近郊エリア

気密性・断熱性に優れ四季を通じて快適に暮らす外断熱+遮熱の家 気密性・断熱性に優れ四季を通じて快適に暮らす外断熱+遮熱の家

  1. TOP
  2. 高耐震・高気密・高断熱

外断熱って?

悠悠ホームでは全棟で「外断熱工法」を採用し、
健康に配慮した家造りを行っています。
柱間に断熱材を埋め込む内断熱とは違い、
外断熱は壁・柱・梁の外側から家全体を
断熱材で包む工法です。
断熱材の切れ目がなく、
夏の熱気や冬の冷気をしっかり遮断できます。


断熱材イラスト

外断熱の工法のつのメリット

  • 光熱費削減 光熱費削減

    01

    月に12,000円
    光熱費節約

    外断熱の家は外気の影響をほとんど受けないため
    冷暖房の効率が大きく向上し、ご家庭の光熱費の節約に役立ちます。
    当社調査では建坪40坪で内断熱の家と比較した場合、
    月に12,000円の光熱費カットが実現されました。

    ※当社調査

  • 結露を防ぐ 結露を防ぐ

    02

    結露を防いで
    家の寿命を延ばす

    柱や梁の外側で断熱するため、壁の中を常に空気が循環し結露がおきにくくなります。また柱など構造材が断熱材で保護されるため家が長持ちします。
    これは、マイホームの資産価値の維持にも大いに貢献します。

  • デッドスペース活用 デッドスペース活用

    03

    デッドスペースを
    活用可能

    従来の内断熱工法ではデッドスペースとなっていた屋根裏や床下まで室内として利用可能になります。
    小屋裏収納やロフトはもちろん、リビング階段や吹き抜け、勾配天井など家全体を広々と活用することができます。


「外断熱」+「遮熱」で
夏の暑さを
更に効果的にシャットアウト

涼しい部屋写真 涼しい部屋写真

「遮熱工法」で
断熱効果をさらに高める

太陽光を受けて熱くなった屋根や壁から室内に伝わる熱(輻射熱)は断熱材だけでは防ぐことができません。
悠悠ホームでは、夏の暑さ対策として、断熱材と外壁の間に
遮熱性能に優れた赤外線高反射タイプのアルミシートを張って”遮熱”する
高性能断熱材「キューワンボード」を標準採用しています。
夏場の強力な太陽熱をカットし、暑い夏も快適に過ごすことができます。

キューワンボードの熱伝導率
  0.021W/(m・k)
熱伝導率は、熱の伝わりやすさを示す数値で、熱伝統率が小さいと室温が外気の影響を受けにくくなります。

■断熱材・熱伝導率の比較

断熱材・熱伝導率の比較

施主様インタビュー 高橋様

室温の問題による建替え。
外断熱の効果に驚き。

築約30年の暑く、寒い中古物件の建替えで決め手となったのは
悠悠ホームの外断熱工法でした。
空調関係の仕事しており、
外断熱がエアコン1台で温度が保たれている外断熱の家を体感して
保温性の良さを確認しました。
住んで5年、以前は底冷えがひどく
冬は家の中でクロックスまで履いていましたが、今は裸足で暮らせています。


九州で高気密・高断熱の家を
建てるなら
悠悠ホームにお任せください。

「外断熱」+「遮熱」のハイブリッド効果で、
「夏は涼しく冬は暖かい家」を実現します。

暮らしを高めるMy Style

家族の健康・快適を追求した
完全自由設計注文住宅

ページトップに戻る