子供食堂に悠悠米1トンを寄付しました | 悠悠ホーム

ご希望のパンフレットをお選びください

実例集

  • パンフレット

    悠悠ホーム施工実例集20撰

    悠悠ホームで建築したお家の20の実例集。今なら平屋小冊子が付いてきます。

リフォームについて

  • パンフレット

    悠悠ホームのリフォーム

    暮らしやすさだけでなく健康寿命も考えた、悠悠ホームのリフォームがよくわかる1冊です。

誓約

お客様の個人情報は当社における経営の基盤となります。個人情報を安全に保持し、お客様のご希望に合せて使用することは弊社の最重要課題と認識しております。当社は厳格なコンプライアンスに基づいた社内体制を構築し、お客様のプライバシーを守ることを約束いたします。

個人情報保護方針

当社は、個人保護の取扱いに関し、その情報を安全に管理し、適正に使用することの重要性から、次のとおり個人情報方針を定め、当社で保有するすべての個人情報の保護に万全をつくすことをお約束します。

1.個人情報の利用目的

お客様からご提供いただいた個人情報は、当社の商品・サービス・イベント・保険代理店業務等に関連する情報などをお届けするためにのみ利用いたします。それ以外の目的に利用する場合は、個人情報をご提供いただく際に、あらかじめその目的を明示いたします。

2.個人情報の管理

お客様からご提供いただいた個人情報は、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び、漏えい等を防止するため、適切かつ合理的なレベルの安全措置を講じております。 また、次の場合及び法令に定めのある場合を除き、第三者に提供・転売することは一切ございません。
・当社が第1項の目的に利用するため、個人情報保護を誓約した当社の施工業社等に対して必要最低限の情報を提供する場合
・公的機関から法令等に基づく照会を受けた場合
・お客様にご了解をいただいたうえで第三者に提供する場合

3.個人情報の開示・訂正等

お客様から、当社が管理する個人情報について、下記の要請を受けた場合には、お客様の意思を尊重し、合理的な範囲で必要な対応をいたします。
・内容確認
・修正、更新、および削除
・既に当社に対して行った個人情報の利用に関する同意の全部または一部の撤回

4.クッキー(cookies)の使用

当社ウェブサイトでは、お客様がより便利にサービスをご利用いただくため、クッキー(Cookies)を使用する場合があります。クッキーは、個々の利用者を識別できるものではなく、お客様のプライバシーを侵害するものではありません。お客様は、ブラウザの設定により、クッキーの受け取りを拒否すること等が可能です。

5.その他

当社が保有する個人情報に関して適用される法令、規範を遵守するとともに、上記各項における取り組み及び保護活動を、維持、改善してまいります。 また、当社ウェブサイト上のリンク先の他のウェブサイトにおけるお客様の個人情報等の保護について、責任を負うものではありません。

個人情報の取扱いに関する
お問い合わせ窓口

悠悠ホーム株式会社  人事部総務課
受付時間:午前9時~午後6時(休業日:水曜、日曜)
電話番号:0570-066-995(ナビダイヤル)

お知らせ

子供食堂に悠悠米1トンを寄付しました

地域の子供食堂にお米を寄付

悠悠米を子供食堂に寄付

 弊社取締役(左)よりチャイルドケアセンター(中央)・筑紫フードバンク(右)それぞれの代表様へ


①いいものを身体に入れて欲しい ”住宅の空気”そして”食べ物”

悠悠ホームでは20年来健康的な家づくりとして、身体に優しい空気環境を提案してきました。
・有害化学物質が発散しない家
・カビ・ダニ・ほこりで汚れた空気が充満しない家
家の空気は人生で身体に取り込む質量のなんと60%にもなるそうです。
だからこそ外断熱とプラスアルファの工法できれいな空気をお届けしてきました。

そんな中、なるべく農薬を使用しないでもおいしくかつ健康的な食材もお届けする取り組みが8年前から始まっていました。
まずはお米。田川市大任町の宮本さんに提携農家になっていただき、水管理を徹底、農薬を使わずに、土壌ミネラル材で美味しいお米を生産していただいています。お米は福岡県産米の「元気つくし」。
多くの方々からとても美味しいとご好評いただいております。

悠悠米の生産者宮本さん

お米を生産していただいている宮本さん(左)と保管に協力していただいているお義兄さん(右)


②YUYUキッチンでの活用

これまでは久留米のカフェレストランでおもにご提供させて頂いた、オリジナルの「悠悠米」でありましたが、このコロナ禍でレストランを閉店する運びとなってしまいました。


③子供食堂への寄付

宮本さん宅の冷蔵庫に大事に保管していた悠悠米。なにか有効活用ができないか探していたところ地元の筑紫フードバンクさんが食料を管理、チャイルドケアセンターさんが運営管理をしている子供食堂があるとのこと、それも大野城市だけで20か所以上。太宰府市、春日市を含めるとたくさんの子供食堂が運営されていることが分かりました。
そこで、保管されていた玄米1トンを全て子供食堂に寄付することにしました。

お米搬入

白木原の農家さんの冷蔵庫に納品

太宰府のFコープさんに納品


④各種メディアも取材

寄付の様子は各種メディアからも取材を受けました。社会のセーフティネットの運営には、多くの方々、企業の有志が必要なのだなと実感しました。微力ながらではありましたが、子供達が「美味しい!」って
笑顔が増えることを希望しています。

西日本新聞

朝日新聞

その他FBSさん、KBCさん、ケーブルテレビさんの報道関係の方々も駆け付けていただき筑紫フードバンク、チャイルドケアセンターさんが運営する子供食堂の現状に関して取材をして頂きました。
各メディアのご担当者様、ありがとうございました。