YUYUHOME

OWNERS VOICE オーナーズボイス

OWNERS VOICE オーナーズボイス

勾配を活かした空間が広がる平屋の家

オーナー T様  
約20帖のリビングを支える勾配天井と見せ梁は、横に広がる空間をダイナミックに演出。小屋裏にロフトを設けることで、縦の空間も無駄なく活用。平屋だからこそ実現した、贅沢な広がりのあるお住まい。

家づくりのきっかけ

「とにかく、リビングを広くしたかった」

緩やかな傾斜の勾配天井が横の空間をしっかり支え、明るくて開放的なリビング。アクセントの見せ梁も効いています。

「とにかく、リビングを広くしたかったんです。」

リビングの定位置に座って、にこやかにおっしゃるご主人様。

T様は、この場所のリフォーム済の中古住宅をご購入、数年間暮らされました。 お子様の成長とともに、住まいにも変化を求めたくなるものの、「この家にはこれ以上、手を掛けられない。」というのが、ご夫妻の一致した考え。

しかし、どうにかしなくては・・・。折あるごとにご夫妻での話し合い、そうしてさらに数年暮らしながら、ついにその時がやってきました。

きっかけは、一番上のお子様が受験を迎える年頃になったこと。受験の前に!と「建替え」を決断されました。 室内のどこにいても明るい間取りは、実はこの場所の光を入り具合を熟知した、奥様のご意見があったからです。

こうして、ご主人様のご希望が叶った、広くて明るいリビングが出来上がりました。

ヒントは入居宅に!?

「とにかく、色々見て決めたかったんです」と、数社のハウスメーカーや工務店を見て研究されたおふたり。

色々な話を見聞きする中で、外断熱がいいな、と思われたそう。お知り合いの方が建てていて、「名前を聞いたことはあった」悠悠ホームも選択肢に入ることになりました。

悠悠ホームの展示場も、たくさんご覧いただけましたか?

「そうですね、展示場や完成見学会よりも、入居宅見学が一番多いんじゃないかな?すごく参考になりましたね。ロフトの雰囲気とか収納とか、 実際に見て“これ、いい!”と決めたこともあります。」

勾配天井の空間を活かした、このロフトがまさにそう。

「そもそも打ち合わせの段階で収納が少ないね、という話はしていたんです。そんな時に見学させていただいた入居宅の屋根裏が、納戸にされているのを見て、「これがいい!」って。それがなければただの勾配天井でしたね。」

小屋裏も居住空間としてつかえるのは、天井も外気の影響を受けにくい外断熱だからこそ。見事『収納スペース+遊ぶスペース』となりました。

悠悠ホームは、完成見学会だけでなく、オーナー様のご厚意で、既にご入居されているお住まいも見学させていただけることがあります。 百聞は一見にしかず。しかもモデルルームではなく、実際に住まわれている等身大のお住まいですから、自分たちのイメージと比較しやすいと思います。

快適な広さ、心地よい狭さ

以前のお住まいで、奥様が一番「どうにかしたかった」のは、暗くて寒い、孤立したキッチン。

「ひとり離れているのがいやでした。新しい家に住むなら絶対、対面キッチンにしたいと思っていました。」

そんな奥様の願いが叶い、リビングを見渡せるようになったキッチン。気配を感じることができるようになり、安心してお料理できるようになりました。

ひときわ目を引く、かなり広めのL字カウンターは、奥様たってのご希望。

「ちょっと置くのにすごく便利なんです。もっと広くてもいいかなと思うくらい(笑)。 」 お菓子づくりが好きなお嬢様もよく利用されているそうです。何かと便利にお使いのようです。

こちらは、ご主人様の趣味のお部屋。『自分だけのこの狭い空間』 が最高の空間のようです。この絶妙な広さは、注文住宅ならではですね。

小上がりにした和室には、床下収納を設け、収納たっぷり。
和室も明るい!

リビングと和室の関係、キッチンの位置、窓の向き・・・。採光と動線がうまく計算された、暮らしやすいお住まいになりました。

夏も冬も、快適でした

T様のご入居は3月。ご入居から1年が過ぎましたが、お住まい心地はいかがでしょうか?

「夏は涼しかったですね。エアコンを使いだしたのは7月に入ってから。梅雨の時期もエアコンは使わなかったです。 こんなに使い始めが遅いのは初めてです。」

それはよかった。

就寝時にエアコンをタイマーセット、以前だとタイマーが切れると目が覚めていたのが、朝までぐっすりだそう。さらに冬は、 「いつも靴下を履いていたのに、ずっと素足で過ごせました。」

とうれしいお言葉!住まうほどに木がなじみますので、居心地のよさが増していくのを、どうぞ楽しんでくださいね。

「明かり採りにもなりますよ、とご提案いただきました。曇りの日でもすごく明るいんですよ」

奥様に喜んでいただけているポイントの1つ、玄関は、ドアのガラスから、自然の光を取り込み、リビングまで光の通り道をつくっています。玄関のシューズクロークの仕切りは、なんとストールです。いいアイデアですね。

玄関から、脱衣所に直行するのは、サッカーの練習で毎日汗だくになる長男のS君。 玄関-リビング-洗面・脱衣所を回遊できる動線は 「文句なしです!」と奥様から嬉しい評価をいただきました!

2段ベッドで仕切った子供部屋は、今は下のお子様2人で共有。高校生のお姉ちゃんは独立したお部屋を使われています。お勉強は、リビングの方がやりやすいかな?

家づくりに関する お問い合わせ・ご相談・資料請求はこちら
注文住宅 家づくり 施工地域:

北九州、福岡、大牟田、久留米、直方、飯塚、田川、柳川、八女、朝倉、筑後、大川、行橋、豊前、中間、小郡、筑紫野、春日、大野城、宗像、太宰府、古賀、福津、うきは、宮若、嘉麻、みやま、糸島、筑紫郡、粕屋郡、遠賀郡、鞍手郡、嘉穂郡、朝倉郡、三井郡、三浦郡、八女郡、田川郡、京都郡、築上郡、佐賀、唐津、鳥栖、多久、伊万里、武雄、鹿島、小城、嬉野、神埼、神埼郡、三養基郡、東松浦郡、西松浦郡、杵島郡、藤津郡、熊本、広島、横浜

ptbg𖳗Ńv[g

ptbg𖳗Ńv[g

top