YUYUHOME

OWNERS VOICE オーナーズボイス

OWNERS VOICE オーナーズボイス

バリ風アジアンテイストの家

オーナー M様  
バリ風・アジアン・ヘリンボーン。素材やテイストに拘りがある一方、「見かけは後でどうにでもなる。私達の基準は健康だった。」とおっしゃる、本物志向のM様ご夫妻。お子様ものびのび暮らす、アジアンテイストの癒しの家。

ヘリンボーン床、バリ風・アジアンテイスト・・・拘りがぎっしり!

シンプルモダンな外観の、M様のお住まい。玄関に入ってまず目に飛び込んでくるのは、オリーブのヘリンボーン床です。

「TVで見て、自分の家を建てるときは絶対したい!!と思っていました。 本当は、自分の部屋にしたかったのですが、予算オーバーになってしまうので、玄関ホールにしました。
ここなら、家に来る誰でもが目にしますから。」

ご主人大満足のご様子。確かに訪問者は誰でも目にすることができます。インパクトあり!オリーブの木、という選択もいいですね。独特の模様が高級感を醸し出し、ヘリンボーンの魅力をさらに引き立てています。

玄関フロアから続く居室の床は、無垢のピーカン。キャラメル色とホワイトのコントラストが表情豊かな色合いと、堅くて丈夫であることが特徴の床材です。

床のキャラメル色と白い壁、そしてダークブラウンの建具や梁。オレンジやグリーンがアクセントカラーとなり、アジアンテイストを醸し出しています。そう、奥様の拘りは、『バリ風』

「光が入って明るい部屋にしたかった。 バリ風にこだわすぎると、テイストが暗くなってしまうので、壁はアジアンにしました。」 奥様も大満足の癒しの空間です。

希望が叶い、結果、住んでみるといい家に!

以前は、店舗兼住居にお住まいだったM様。

「間取りの効率が悪かったので、家事動線をすごく意識しました。 買い物から帰ってキッチンまでまっすぐ行けることとか、子供たちが見える角度とか。
前の家は特殊なつくりで、家事しながらは、絶対見えなかったんです。 今、キッチンからもこどもたちが、落ち着いて遊んでいる姿を見ることができます。
それが一番よかったかな。 」

奥様のマイホームへの熱い思いが、次々と溢れ出てきます。雑誌など色々ご覧になりましたか?

「ええ。魅力的な例や商品がたくさん載っていて、いいな!って思う。でも、自分がなぜそれを欲しいと思ったのか、本当に必要かどうか、考えるとそうでもなかったりするんです。」

なるほど。

「だから、まず自分がどうしたいのかを書き出しました。そして雑誌からはアイデアをもらう。収納もたくさん欲しい、でも増やしすぎないように、入れ方をシュミレーションしながら何をどこにどう入れるか考えて、引き出しの数や形、大きさを決めていきました。」

勉強になります!(笑)。

「いろいろ考える中、設計士さん、インテリアコーディネーターさんと相談しながら、私の意見を取り入れていただき、希望が叶いました。考えていたことが形になって、結果、住んでみるといい家になりました!」

私どもにとって、最高にうれしいお言葉。ありがとうございます。

本物のよさを五感で感じる

さて、ご主人様はというと、趣味の釣り道具とどっぷり浸かれる部屋が出来て、大満足のご様子。

外から直接出入りできるドアも設けて、実はお子様たちも重宝しているようです。

そのお子様たちのお部屋がこちら・・・。

奥様が『一番よかった点』と挙げられた、お子様の遊び場です。
リビングから段下がりのお部屋になっています。 地面から近いので、外断熱の良さを直接感じることができる、最高の場所です。

「自分で片づけられるようにしたかった。その習慣がついてきています。自分の“居場所 ”になっているようですね。」お子様たちの遊ぶ姿を、優しいまなざしで見つめながら、おっしゃる奥様。

「掃除とか、床の傷とか、大変な面もあるけど、 こどもたちが、目を離していても落ち着いて遊んでいる姿を見れるのがなによりですね。 本物の中にいる、っていうのは、 子供たちが、五感で感じているものがあるんだろうなと感じます。」


展示場でも、「よく愚図る子なんですけど、ここでは落ち着いてます」といったお話を耳にします。 お子様だからこそ、居心地のよさを感じていただけるものがあるのかもしれません。

毛布を使わなかった。ありえない!

さて、お住まい心地はいかがでしょうか?

「引っ越した初めての冬、毛布を使わなかったんです。これは私にとってありえないこと!!」

待ってました、とばかりに奥様が嬉しそうにおっしゃいます。

「エアコンは、寝るときは使わなかったですね。底冷えがない。 気密性が高いんですよね。住みだしてから、日々実感しています。」

外気の影響を受けにくく、室内の温度を保つ外断熱の家の住み心地は、まさに住んでみてこそ実感できること。これから四季と通して、実感していただければと思います。

最後に、これからマイホームを建てようとする方へひと言お願い致します。

「そうですね、これだけいろんなメーカーさんや工務店がある中で、違いを見極めることと、自分たちが「どう住みたいか」をしっかりと持っておくこと、でしょうか。自分の価値観はしっかりしておかないと、 最初に手に取れたものが、迷ったあげくに取れなくなるかも。 」

深いお言葉です。私たちも、お客様の家づくりに係らせていただくにあたり、思いを共有できるよう努力せねばと、改めて思いました。

M様のお子様たちの健やかなご成長を心よりお祈り申し上げます。 お忙しいところ、長時間のインタビューにご協力いただき、ありがとうございました。

家づくりに関する お問い合わせ・ご相談・資料請求はこちら
注文住宅 家づくり 施工地域:

北九州、福岡、大牟田、久留米、直方、飯塚、田川、柳川、八女、朝倉、筑後、大川、行橋、豊前、中間、小郡、筑紫野、春日、大野城、宗像、太宰府、古賀、福津、うきは、宮若、嘉麻、みやま、糸島、筑紫郡、粕屋郡、遠賀郡、鞍手郡、嘉穂郡、朝倉郡、三井郡、三浦郡、八女郡、田川郡、京都郡、築上郡、佐賀、唐津、鳥栖、多久、伊万里、武雄、鹿島、小城、嬉野、神埼、神埼郡、三養基郡、東松浦郡、西松浦郡、杵島郡、藤津郡、熊本、広島、横浜

パンフレット等資料を無料でプレゼント

パンフレット等資料を無料でプレゼント

top