YUYUHOME

社長の声
PARTICULAR ABOUT

仕事は厳しく
生活は明るく
人生は悠悠と

これは、平成6年、それまで量産住宅会社の販売特約店であった私が、出口の見えない中で起業した際に社名に込めた想いです。 いきなりの会社設立であったために当時の悠悠ホーム株式会社はまだまだ具体的な商品の方向性は定まっておりませんでした。ただ、私を支えていたのは2つの言葉に支えられた「志」でした。

その一つは
「大いなる道というもの、世にありと思う心は、今だ消えず。」
という作家で教育者であった下村湖人の言葉です。

二つ目は
「人生の目的とは。自分も他人も幸せになること。そして他人に尽くすことによって、自分も幸せになれる。」
という私が25才の時に出会った言葉です。

この「志」を基にどんな住まいをご提供するべきか世界中の家造りをこの目で確かめた上でたどり着いたのが、外断熱工法FFC処理建材を活用した家造りでした。

当時シックハウス問題が社会で取りざたされ、私は新築の家に住んで健康被害を起こすなどということはあってはならないと強く感じました。だからこそ、せめて自分が提供する住宅は、「住む方が健康になる家」にしようと決めたのです。

2017年、FFCに加え、内装材にミネラル微粒子をコートするサクラフレッシュ、稚内珪藻頁岩を主原料とする壁材を塗るサクラウォールを新たに取り入れ、サクラテクノロジーとして、健康に住まうための室内環境造りに力を尽くしております。
近年は新築住宅だけでなく、賃貸住宅やリフォーム工事においてもサクラテクノロジーを利用した施工を行い、出来る限りの分野で健康被害の拡大抑制に尽力しています。

今後ストック社会の流れの中で、不動産物件の流通を軸に中古物件をリフォームするなどして住まいを求める方々も増えると予想されます。
残念ながら、社会の中ではまだまだ住宅が影響する健康被害が後を絶ちません。つまり、私はもっともっと、悠悠ホームの家造りを皆さんに知って頂かなければならないと思っております。
どのような社会情勢になろうと私の持つ信念は全く揺るぎません。
悠悠ホーム株式会社は住空間を軸に皆様の健康を考え続けて参ります。今後はエネルギー問題や、高齢化社会問題、住宅の供給過剰問題、社会のコミュニティーの在り方、皆さんに毎日を活き活き過ごして頂けるIT面でのサービス提供など、この社会を生きる皆様が直面する問題に一緒になって取り組み、より快適に暮らして頂くため、もっともっと皆様のお役に立てるように尽力して参ります。
人というものは心と心で会話しなくては、相手に伝わらないものだと私は思っております。
いくら技術革新が行われようとも、私達が提供させて頂くサービス、想いはまずお客様の「心」にお届けしたいと考えております。この文章を読んで頂いたことをきっかけに、私達の想いを直接お届けできる機会を頂戴出来れば幸いと存じます。是非お近くにモデルハウス、営業所、ショールームまで足をお運びスタッフにお声を掛けて下さい。

悠悠ホーム株式会社
代表取締役社長
内山敏幸
家づくりに関する お問い合わせ・ご相談はこちら
注文住宅 家づくり 施工地域:

北九州、福岡、大牟田、久留米、直方、飯塚、田川、柳川、八女、朝倉、筑後、大川、行橋、豊前、中間、小郡、筑紫野、春日、大野城、宗像、太宰府、古賀、福津、うきは、宮若、嘉麻、みやま、糸島、筑紫郡、粕屋郡、遠賀郡、鞍手郡、嘉穂郡、朝倉郡、三井郡、三浦郡、八女郡、田川郡、京都郡、築上郡、佐賀、唐津、鳥栖、多久、伊万里、武雄、鹿島、小城、嬉野、神埼、神埼郡、三養基郡、東松浦郡、西松浦郡、杵島郡、藤津郡、熊本、広島、横浜

 

家づくりの相談をお気軽にご相談ください

家づくりについて役立つカタログをプレゼント

top